ドキュメンタリー映画「いきたひ」

マザーテレサの言葉
上映スケジュール   映画の概要
上映を希望される方へ   推薦の言葉
監督・長谷川ひろ子   こうして映画は完成した

 



長谷川監督の本
 <拡大>

【お知らせ】 長谷川監督の本が出版されました!

いきたひ 生前四十九日

●長谷川ひろ子・秀夫(共著) ●定価:1200円+税 ●サイズ:四六判、160ページ ●発行:アートヴィレッジ(2017年6月)

妻はなぜ夫の死を映画にしたのか。末期がんの夫の意志を受け、ホームビデオ用カメラで夫の闘病を記録し続けた妻。天地合同製作ドキュメンタリー映画『いきたひ』が誕生した理由と必然性。「死」は決して恐ろしいものではなく、只ただ暗く悲しいものでもない。人生のラスト49日をどう生き切るのか……。天国に旅立った大切な人との出会い直し、看取り直しができる一冊。

東京大学名誉教授・矢作直樹氏 推薦
「今」を共に生きた夫婦が幽冥の境を異にしてもなお、映画『いきたひ』で共に生きている! そう実感されることでしょう。

▪︎出版社のウェブサイト
▪︎アマゾン



 



いきたひ

”看取り直し” が出来る究極のヒーリングムービー

名も無き四児の母が、夫の生き様・死に様をホームビデオで撮ったドキュメンタリー

「死」がタブー視される中、終末期の在宅医療や在宅介護の関係者に注目されているドキュメンタリー映画「いきたひ」。

47歳で他界した夫を4人の子どもたちと共に自宅で看取った長谷川ひろ子さんは、その後「死とは胎内に戻ること」という死生観に出会う。「死」は決してタブー視するものではなく、「生の肯定」に導くための尊い体験につながることを実感し、そのことを多くの人に伝えたいと、まったくの素人ながら映画制作へ取り組む。

企画から構成、脚本、取材インタビュー、ナレーション、テーマ音楽の作詞・作曲、演奏、歌まで自分自身でやりぬき、ついに2015年に映画は完成した。

地上で映画制作に協力してくれた人びとだけでなく、看取られて先立たれた方々あっての「天地合同制作」の奇跡の映画と言える。

facebook YouTube